MENU

Q&A

アクアマリンQ&A

Q.フラれたけど諦められない・・・どうしたらいいですか?

A.羽麗先生

とてもとても大好きな彼にフラれてしまう…それは本当に辛いことですよね。

自分の存在自体を否定されたような、そんな自分が自分で嫌いになってしまうくらい辛いと感じると思います。

 

 

さっさと諦めて次!って切り替えられたら楽なのに…でも諦められない位に彼が好き。

そんな風に感じた場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、気持ちって自然と湧いて来てしまうものなので、なくそうとしてもなくなりません。

なくそうとがんばる必要もありません。

そんな自分をまず否定しないで受け止めてあげましょう。

 

 

辛い気持ちの時に、更に自分が自分を否定してしまったら、余計に心は苦しくなります。

泣きたくなったら沢山泣いて、湧いてくる思いに寄り添ってあげてください。

そして、沢山吐き出して少しすっきりしたら

好き、惹かれる、心が震える…そんな体験ができたって、それだけでも素晴らしいこと。

そんな風に考えてみてください。

 

実は結構、恋ができない、人を好きになれないって悩む方もいらっしゃる位なのです。

まず、そんな風に人を愛せたあなた自身の心の豊かさ、素晴らしさを認めてあげて下さいね。

 

 

そしてそんな体験をさせてくれた彼はそれだけで、本当に特別な存在だと思います。

 

 

諦められないのなら、無理して諦める必要もありません。

 

 

そして告白してくれた思いに応えられなかった彼は、とても申し訳なく思っていたりもします。

そんな思いをあまり表に出すのも傷つけるだけなので、出さないようにしてる場合もあるんです。

 

 

たとえ応えられなかったとしても、自分を好きになってくれた、好意を持ってくれた、という事実は単純に嬉しいものなのです。

 

 

彼が好き、という自分の思いはしっかり認めつつも、彼にその気持ちを押し付けることなく、笑顔を忘れずに、まっすぐ彼に向き合っていくことで

その後、彼にとっての特別になっていける可能性も十分にあります。

 

 

彼に執着し過ぎて自分のことが手につかない、彼を責める、などはNGですが、あくまで今の自分の気持ちを肯定して、前向きに自分の人生をより良いものにしようと自分自身が輝くことが何より大切です。

 

 

そうやって前向きな波動になっていった時、幸運や新たな希望を引き寄せる事が出来るのです。

 

 

『彼を忘れられない』『どうしても彼と幸せになりたい』

そんな気持ちに押し潰されそうな時は私にお聞かせ下さい。

今できる事、そして幸せを掴む事…前向きな気持ちで日々過ごせるように心を込めてアドバイスさせて頂きます。

A.美世留先生

「フラれたけれど、諦められない」 そう思った時、人の心理は、どのように動くのでしょうか?

相手の気持ちが判った。 頭では解っていても心が付いていかない。 あの人が忘れられない。

「どうしようか」と迷い、考えた末に心を決めます。

「よし、再度アタックしよう」 もしくは 「相手の事を考えて、しばらく距離をおこう」

どちらかの行動を起こす方が多いと思います。

では、フッた側の思いはどうでしょう?

「何度か口説かれたらOKするかも」 「申し訳ないが生理的に無理」

前者は概ね女性が多いでしょう。 男性は、よほど思いを寄せている女性が、他にいない限り 告白されたらお付き合いするようです。

ご本人が女性の場合、フラれてはだめ。 そもそも告白してはダメなのです。

 

ブルゾンちえみも言いました。

「待つの」

 

石川ひとみが歌った、「まちぶせ」 歌詞を良く噛みしめてみてください。

「もうすぐ 私 きっと あなたを振り向かせる」

 

この歌詞が、暗いと感じた方、私までお話しに来てください。

 

ポジティブに捉えた方はもう大丈夫。 再度、私と作戦を練り直して、素敵な恋のプロセスを存分に楽しんでくださいね。

 

男性の場合、フラれて男は磨かれる。仕事も恋も同じです。お相手を取引先だと思って何度でもアプローチしてください。

パートナーは、「唯一、自分で選べる家族」。 長い人生の中途から、何十年も共に過ごす他人。

パートナーを探す事は、人生で最も大切な志事です。 志事だと思って、取り組んでください。

ただし、お相手の星の特徴が、ロマンチストな女性の場合は何度かソフトにプッシュ。 褒めて冷たくして、優しくして突き放す。バリエーションは多いほうが絆も強くなります。

合理主義結果主義な女性の場合は、ピンポイントで相手のニーズに応えなければなりません。 好き嫌いがはっきりしているので、お取扱注意です。

人それぞれにあった傾向と対策は、鑑定にて導きます。 どうかご相談ください