MENU

Q&A

アクアマリンQ&A

Q.成功を手にする運勢の使い方とは

A.眞珠先生

芸能人、会社経営者、成功する人たちは一体何が違うと思いますか?

 

有名人、著名人、様々な宿運を拝見し、はっきりと言えることは宿運の違いよりも、運勢の活かし方や考え方が違います。
“理想を実現する”確信的に物事を進めるには、どんなつらい状況においても、先見して受け止める心構えが必要です。

 

 

私には出会いがない、仕事が上手くいかないなど、運勢が悪いのは何故ですか?と言うご相談は少なくありません。

 

運勢はバイオリズムであり悪い時もあれば良い時もあります。
それは万人に平等にあるものなのです。

 

どの占術でもおおよそ10年で一つのサイクルで考えます。
5年上昇、5年低調と言う感じでありその中でも特に注目したいのが、上昇中の中でも勝負所の3年間のどこが頂上になるのかです。

 

恋愛や結婚は生活の基礎が固まらなければチャンスが巡ってこないと言えます。
当たり前の話ですが、生活がきちんと出来ていないのに恋愛が出来る訳はなく物事には順番があるのです。

 

低調を言われる時期は、人生の学びの期間であり辛いことがたくさんあるかも知れませんがそのことを通して価値観や生き方が定まっていきます。
その経験があるからこそ、人に優しくなれますし人を愛おしくも思えるのです。
苦労があるからこそ、相手を真剣に愛することも出来るのです。

 

 

その学びが終わると、楽しいことが増える時期になります。
それはここまでの努力が実りだす時期でもありますね。
この楽しいことが増える時期に単に楽しいだけでは足元をすくわれます。
なので、学んだ先に次に自分は何が出来るのか?何が手に入れたいのか?それを具体化していくことが大切なのです。

 

その具体化の一つに、その物事を達成させたい時期を定めるのです。
それが、先にお伝えした運勢が上昇している3年間の中の頂上であり達成の時期です。

 

 

この自分が今からどのような運勢の流れになるのか、いつ勝負をし、いつ頂上を迎えて願いを達成出来るのか、これを知ることが成功への秘訣なのです。

 

 

あなたの勝負時、達成の時をお教えしますよ。