MENU

Q&A

アクアマリンQ&A

Q.順調な恋愛に不安を感じてしまう。安定させるには?高めるには?

A.愛久里先生

多くの方が、「目に見えるもの・聞くもの・読むもの」に頼ったり、「考えて」恋愛をしてしまっているように感じます。
「〇〇と言われた、〇〇のLINEがきた、〇〇をしてくれた」など。

 

 

まずは気がついてみてください!^^
恋愛はハートでするものですね♪ 目でみたり聞こえたりしないものを「感じるもの」ですね♪
頭でするものではありません。言葉は時に邪魔になります。

 

 

自分の中からわき起こる優しい、愛している、好きなどのあたたかい気持ちを、お相手様と一緒にいる時に感じ入ってください。感じている状態の時は、無口になったり、行動が止まったりします。それでいいのです。感じてください。すると、その時に感じているその思いが、目、しぐさ、雰囲気に現れます。

 

すると、お相手様がそれを感じとり、お相手様もよい心地になります。
お相手様も何か感じているようであれば、言葉を使って聞き出そうとしないで、感じさせてあげるスペースを与えてあげてください。

 

お相手様がよい心地を感じられるということは、お相手様がより自分と一緒にいたいと思うようになります。
自分が愛しているを感じていることで、お相手様も愛しているを感じるようになり、より愛し、より愛されて。。。愛のエネルギー循環が起こります。さらに、さらに、愛のエネルギーが膨らみ、愛している・愛されているの中にいられるようになります。
この愛のエネルギーの循環は、「思考や言葉」を通してではわかりません。これは「感じている」世界の中にあります。

 

大事にするから、大事にされる。尊敬するから、尊敬される。好きになるから、好かれるようになる。
自分がほしいものがあるなら、先にそれをお相手様へあげてください。エネルギー循環で返ってきます♪

 

 

「彼(彼女)から愛されているか?好意を持たれているか?」
つまりは、「自分がどう思われているのか?」というエゴ(自我)の声を手放して、愛すると、愛されるようになります ^^

 

「自分がどう思われているか?」のエゴ(自我)の答えを探して、安心感を得ようとしているのですよね。
でも、本当の安心感とは、お相手様から得ることはできません。また、自分以外の人が与えてくれないと要求するものでもありません。

 

安心感は「自分の中」にしかありません。

 

「自分はお相手様へどのような思いがあるか?愛している(好きなど)を感じているか?大事にしているという思いがいま響いているか?」を実際に感じることにフォーカスすることによって、その感じたものでお相手様と交流していくことで、愛する者は愛される、愛されるからより愛したくなるエネルギー循環が起こります。これはエネルギーは常に変化していますが、安定した上昇する変化です。

 

お相手様ではなく、「自分はお相手様をどう感じているか」にまず先に感じぬくことこそそのものが、安心感になり、それが関係性の中で安定感となる力となるのです。