MENU

Q&A

アクアマリンQ&A

Q.3年前に別れた人の事が忘れられない…今でも連絡は取れるけどどうしたらよいですか?

A.恵葉先生

時間が過ぎて、『色々あって、別れてしまったけど…やっぱり、自分に必要な人だなぁ……』

 

日々の生活の中で、フッと思い出してしまう人がいますよね。

 

『やっぱり、忘れられないなぁ』
『でも…3年もたっているし……』

 

連絡が取れるのであれば、色々アプローチは出来ますよ!頑張ってみましょう!!

 

いくつかありますので、ご相談者様が出来る!と思えるものを実行してみてくださいね。

 

 

【新しい連絡先を教えてみる】

 

わざわざ、携帯の電話番号を変えたりする必要はありませんよ。「今、常に1番使うアドレスです」と言ってGメール等を連絡してもいいです。

 

「今、殆ど連絡はこっちのメールなの。
他のは余り使ってないし、見ないのよね〜。行き違いがあるかもしれないから、こっちのアドレスに連絡してねぇ。」

 

「知り合い全員に連絡してるの」

 

で、いいんです。

 

お相手も、『そうなんだぁ〜、了解です!』

と、なります。

 

それから、

「最近、どうなの?○○○○」

お互いの近状報告しながら、次に連絡をしやすいようにしていきましょう。

 

 

【お相手の誕生日やイベント等の時に連絡をしてみる】

 

お誕生日おめでとうー!と、言われてイヤな気持ちになる人はいませんよね?『覚えててくれたんだぁ〜、嬉しいなぁ〜〜』という気持ちになります。

 

イベント等も同じです。

 

もし、ご相談者様とお相手のが喧嘩別れだとしても、3年という月日がたって、怒りたどのマイナス感情は落ち着いているはずです。怖がらずに連絡してみましょう。

 

 

【『〜を見たり、聞いたりしたら思い出してね〜、元気かなぁ〜?』で、連絡してみる】

 

お付き合いしていた人ですから、色んな思い出がありますよね。

 

「最近、○○を見たら(聞いたら)、フッと思い出して、元気かなぁ?と思って連絡をしてみたの。」

 

言われた相手はイヤな気持ちになりませんよね?

 

『覚えててくれたんだぁー。いやぁ〜嬉しいなぁ 』です。

 

 

 

これはほんの一例です。

 

この連絡の仕方であれば、お相手が男性でも、女性でも、独身でも、既婚者でも、連絡か取れる状態なら、いくらでも自然な形で連絡をする事が出来ますよ。

 

ご相談者様の状況や、お相手様の状況によっては、もっと出来る事があります。

 

『でも、相手が自分の事をどう思ってるのか…まだ自分に興味があるのかなぁ…』

 

『相手の状況が全く分からない…どのタイミングで連絡したらいいの??』

 

安心してください!

 

恵葉が霊感、霊視でお相手様の状況、今現在のご相談者様への気持ち、連絡をするタイミング等を視させてもらいますので、何時でもお電話してくださいね。

 

一人で考えて、悩み過ぎないようにしてくださいね。

A.伽羅先生

失ってから分かる大切さもあれば、止むに止まれぬ事情でお別れを選んだり
事情はそれぞれですが、どんな状況であれ言えることは

 

「ご縁はある!」

 

ということなんですね。

 

だって、地球上の何十億人という人類の中から出会い、お互いを選び合ってお付き合いしてたわけですから。
これだけでもう奇跡的。

 

それに、一度は愛した人のことを、心底嫌いにはなれないもの。特に男性はその傾向が強いようです。

 

連絡が取れるなら、復縁できる可能性はかなり高いです。

 

まずは、お別れに至ってしまった原因を見直してみましょう。
もし彼に原因があるなら、それは彼の課題。
彼が乗り越えるまで待ちましょう。

 

あなたに原因があるのなら、そこを改めればOKです。

 

そして、彼を見るのではなく自分を見る。
重要視するのは、「彼がどう思うか」ではなく「自分がどう思うか」

 

自分を大切にすることを意識してください。
自分が笑顔になれることは、たくさんあるはず。
なければこれから探せばいいんです。
気になること、片っ端からやっていきましょうよ。

 

水面下では繋がってるあなたと彼のことですから、
あなたがキラキラし始めたら、彼は気づきます。
本当に不思議なんですけど、伝わるんですよ。

 

そして気になり始めます。
もう一度、惚れ直させてしまいましょう。

 

具体的な方法は、状況やお相手によって様々ですから、
そこは恋愛戦術家の伽羅が「あなたと彼の場合」の戦術を個別に立てていきますよ。

 

必要と判断した場合は、エネルギーレベルでの縁結びをご案内させていただきます。

 

 

どうしていいかわからない時は、具体的な方法を読み解いていきますので、伽羅にご依頼くださいね。